こんにちは! 土浦市にございます、宗教自由霊園のメモリーパークつくばです。

去る4月3日、霊園自慢の桜のもと、第1回 桜養祭(合同供養祭)が行われました。

 

【第1回 桜養祭(合同供養祭)のようす】

 

合同供養祭は、永代共同墓「紫峰堂」の完成時から、皆様にご参加いただいて開催しようと考えていたことでした。その後、樹木葬が紫峰堂の隣に樹木葬が完成して大変ご好評をいただいていますが、樹木葬のほかにも夫婦墓など、永代供養付きのお墓も増えてきたので、紫峰堂・樹木葬・夫婦墓、それぞれをお参りされている方々皆様でご供養できる機会を作りたいと思い、このたびの供養祭を執り行うことになりました。通常、お彼岸の時期に合わせてされることが多い供養祭ですが、当霊園の自慢である桜を楽しんでいただきたいと、例年満開を迎えるこの時期を選びました。

 

樹木葬区画の横、永代共同墓「紫峰堂」前の広いスペースにて執り行いました。

 

たくさんの参列者様とご一緒に、スタッフも参列させていただきました。当日はお天気にも恵まれました! お昼近くからの開始とさせていただいていましたが、気温もぐんぐん上がり、暖かい中での供養祭となりました。

 

樹木葬の芝桜も、とてもきれいに咲いていました。今年はとても暖かかったので、全国的に桜の開花が早かったですよね。例年ではこの時期、桜は満開でも芝桜はまだまだ…という頃なのですが、この樹木葬墓地の桜は少し早咲きだったので残念ながら今年は盛りを過ぎてしまいました。それでも霊園内の桜はまだ7割方は花が残っておりましたし、こちらでは少し早めに満開になった芝桜が皆様を迎えてくれました。

 

和尚様に読経をしていただいてから、お一人お一人、お焼香をして手を合わせていただきました。皆様、しっかり手を合わせておられました。

 

管理棟前のスペースでも、大きな桜が皆様をお迎えしました。今回はこちらに、間隔をあけてテーブルをご用意し、密に気を付けて各ご家族様でおくつろぎいただきました。今年はお花見も難しかったと思いますが、故人様を偲ぶとともに、ここで少しでも桜を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

こうして第1回桜養祭は無事に終了いたしました。ご参列いただいた皆様からは、「来年も来ますよ!」「またやってくださいね」というお声もたくさんいただきました。もちろん、来年以降も必ず続けていきたいと思っております。今年は例年よりも桜の満開が早かったので盛りを過ぎていましたが、来年は満開の桜の時期に開催できるといいですね! たくさんのご参加ありがとうございました。

 

各区画のご紹介

樹木葬区画
樹木の下で眠る、新しいお墓のかたち、樹木葬区画。子どもたちの世代・将来を考えた2つのプランを選べる新しいお墓の誕生です。

永代供養共同墓「紫峰堂」
宗旨宗派自由、年会費や管理用は一切不要です。

夫婦墓
ご夫婦様、小家族様向けの永代供養付きの夫婦墓セットです。